GODIVA | LOVE & HUG | Valentine’s Day Campaign

Project Info +

  • Brief:
    Japanese Valentine’s Day had become ritualized - lacking emotion & romance. Our challenge: inject emotion into the brand and the act of giving, in order to increase awareness and sales despite a flat market.

    Idea:
    Break the status quo by rewarding women who expressed their emotion in a fun and engaging way: hugging a specially engineered mannequin! Built-in technology measured the quality of their hugs. A photo and rating score of everyone’s hug was automatically posted on Facebook for all to see. Rich content stimulated engagement and participation, and an online app allowed people to send virtual hugs.

    Results:
    Godiva reignited the emotion, fun & romance of Valentine’s Day. Incredibly 6300+ people huggedgoal was 600, with 34000 users sharing the events via Facebook, resultingin 3.5mi;;ion unique Facebook users seeing content and engaging 6x more than copetitors contents.
  • チャレンジ:
    ゴディバのバレンタイン・デジタルキャンペーンとして企画。日本のバレンタインには、エモーションとロマンスが失われ、形骸化されたイベントなっている。そこで、ブランドにバレンタインに本当の愛を¥を取り戻しながら、バレンタイン商戦の認知とセールスをあげる必要があった。
    ターゲット:バレンタインにチョコを渡す女性全て。

    アイデア: Love and Hug
    愛の表現である「Hug」を通じて、日本人が苦手とするオープンな愛を表現するキャンペーンを考案。ハグの圧力を感知するセンサーを搭載した特別仕様のチョコレート・マネキンを制作。ハグの強さが自動的にスコアに換算される仕組みを採用した。ゴディバの店頭に置いて、参加者がマネキンをハグするとFacebookに自動投稿され、拡散された。そして、ハグのスコアに応じて、店頭で実物のチョコレート・ギフトが配られた。一方、リアル店舗でのキャンペーンに参加できない人のために、特設キャンペーンサイトでも、バーチャルハグ体験ができる仕組みも合わせて制作した。

    結果 :
    ゴディバは、バレンタインディキャンペーンで、エモーションとロマンスを取り戻すことに成功した。
    6300人がハグを体験(当初は600人想定)
    34000人がファイスブックでイベントをシェア
    4200000人がファイスブックサイトを訪れた
    1億5000万相当のメディア効果
    300万人のユニークユーザーが訪れた
    モバイルシェアが130%アップ
    セールスが110%アップ
  • Creative Director, Art Director/ Takahisa Hashimoto
    Creative Director, Copy/ Yoshishige Takei
    Art Director/ Akane Yamamoto
    Digital Producer/ Kazumi Ueda
    Graphic Designer/ Takanori Kimura
    Producer /Hrotaka Tochihara

Japan Association for Refugees | The Missing Fingerprint

RorriM | Visual Identity + Branding